2007年10月05日

悲しくて悲しくて

昨日テレビで保健所のワンコたちの最後までを見ました。
ずーっとかわいそう過ぎて見れなかったんだけど、本当のことを知っておかなくちゃいけないんだと思ってみました。
でも最初から最後まで悲しくてかわいそう過ぎて涙が止まらなかった。
でもその中でどうしても許せなかったことがあって、書かないと気がすまなかったのです。

旅行に行くから三ヶ月前に子供が拾った子猫を連れてきていた家族。
動物のホテルもあるし、知り合いに預けるということもせず、置いていったのですか?
子供に旅行か猫かどっちかを選ばせて一つの小さな命を捨てる。
帰り際に言ったこと、「こんどまた猫が飼いたくなったらここに来て選びます。」
????意味わかんないし
また旅行に行くんだったら連れて来るのですか?
そんなに簡単なものですか?

お願いだから命の尊さを子供に教えてあげてください。
最後まで愛情を持って面倒を見て、命を看取ることを親が子供に教えてあげてください。


ごめんなさい一例を見ただけで私はしばらく泣いていました。
もっとかわいそうな子たくさんいます。
せめて自分はそういう子を助けることをしたいです。
かわいそうな子を一匹でも減らす努力、国もしてください。
自治体ではしつけなおして飼い主を応募しているところもあります。
殺してしまうことより、共に生きる努力しましょうよ。

悲しいことです。
最後に動物達は安楽死しているわけではありません。窒息死させられているんです。と言っていたアナウンサーの言葉が耳に残って離れません。


沈んでしまったところで気を取り直して・・・たらーっ(汗)

雫は家の中にいる時はせまーいケージに入ってます。
耳が窮屈だねぇ しーちゃん顔(汗)

sizu2.jpg

しーちゃんがケージの外に出ると、あんと追いかけっこが始まってしまうので、ほとんどはこの中なのです。
片方はシャーっ猫(足)といって飛び掛るし、片方はドスンドスン犬(足)と飛び回って、そりゃもう大騒ぎですもうやだ〜(悲しい顔)




狭いながらもお腹を出してぐっすり寝ています。

sizu3.jpg

外は嫌いな秋田犬・・・あせあせ(飛び散る汗)

ニックネーム sizuku at 17:28| Comment(0) | TrackBack(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする